2013年4月アーカイブ

こんにちは。
2005年ゴルフドラコン日本一の山田勉です。

突然ですが、あなたは今、

「いくら練習しても飛距離が一向に伸びない・・・」
「もっと楽にボールが真っ直ぐ遠くへ飛んでくれたら・・・」

と、悩んでいませんか?

実は、非力なアマチュアゴルファーでも「ある打法」を取り入
れることで、軽く30ヤードは飛距離が伸びる方法があります。


まずは、その「ある打法」を実践した方たちの声をご覧下さい。

【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム

このスイング法の効果は明らかです。

実際、私自身このスイング法を使い、22歳からゴルフを始めた
にもかかわらず、2005年と2007年のドラコン大会で
ドラコン日本一になったからです。


今回その飛ばしの秘密の全てを
ありのままに公開することにしました。

どうぞこちらをご覧ください。

【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム


飛ばすスイングというのは、けして難しいものではありません。

アマチュアゴルファーでも簡単にプロの方法をマネできるです。

ぜひ、そのことをあなたに知っていただきたい。

そして私の方法を試して、あなたも早く飛距離が
伸びない悩みから解放されてください。

【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム

簡単に30ヤード飛距離が伸びる「ある打法」とはいったい何なのか?

それは、おおまかに言いますと次の3ステップだけです。

●飛距離アップのための3つのステップ●

【1】今すぐ始められる「ある打法」を使い飛ばしのコツを覚える

【2】次に、ある打法と合わせて7つのポイントを実践する

【3】そして、30ヤード飛距離アップを体感する!

たったこれだけです。
このステップを実践していただくだけで、

これまで523人ものアマチュアゴルファーが早い人で3分、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
遅い人でも25日で30ヤード以上飛距離が伸びたのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もちろん、腰など体に負担のかかる方法ではなく、
むしろ体に負担のかからない方法ですのでご安心ください。

結局のところ、ボールを効率よく遠くへ飛ばすためには
この単純な3ステップを知っているか、いないか。

それだけなのです。


"ある打法"さえ掴めば飛距離が面白いように伸び、しかもスライスや
フックが激減し、真っ直ぐな弾道に変わる効果的な飛距離アップ法なのです。

「もう年だから...」
「背が低いから...」
「センスがない...」
「クラブが悪い...」

などの不安は今後一切不要です。

ドライバーが大の苦手というあなたに、私が独自に
編み出した"飛距離アップの秘密"を全て伝授します。

【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム

あなたはこんなことを言われたことはありませんか?

・弊社では、むち打ちでの3か月以上の治療は認められていません。
・そろそろ治療終了の時期が近づいてきております。
・一度、この辺りで治療に区切りをつけてもらえますか?
・治療費の支払いに関しましては、一度区切らせていただきます。
・今後の治療費は示談が成立するまで立て替えておいていただけますか?


まったくもって理不尽な話です。

でもご安心ください。


あなたは、

相当な知識と実体験に基づく示談交渉ノウハウ、
戦略的に後遺障害認定を勝ち取るための秘策、

そして、最終的に煩わしい保険会社と関わらずに
納得のいく示談を成立させる方法までを、

たった数時間でマスター出来てしまうのです。

  >> これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」


【 交通事故で受傷し、その上、
  保険会社との示談交渉で辛い思いをされているあなたへ 】


あなたが、もし、交通事故で受傷し(むち打ちの場合は特に)、
さらに保険会社の対応に苦しめられているならば

知っておかなければならない交通事故損害賠償の知識が沢山あります。

この知識こそが、泣き寝入りしないための対策法です。

必要な情報は必要な時に手に入れる努力をした被害者のみが救われます。

思い切って言わせて頂くと、
知っているか知らないかは『天国と地獄の差』があります!


ところが、

交通事故被害者になった人のほとんどは、
交通事故損害賠償請求や後遺障害認定申請について
具体的にどうすればいいのか分かっていません。

なぜでしょう・・・?


当たり前のことです!
長い人生の中で、何度も交通事故に遭遇する人はほとんどいないからです。


交通事故被害者のほとんどは、
初めて経験する交通事故による怪我に悩み苦しみ、
どうしてよいか分らず、乏しい知識と感情だけで行動してしまいます。

その結果、交通事故損害賠償知識に乏しいほとんどの交通事故被害者は、
保険会社の提示する自賠責保険支払基準範囲内のほんの僅かな損害賠償金で、
示談させられてしまいます。

たとえ後遺症を残したとしても...。


  ▼ この現実をなんとかしたい、
  ▼ 二重苦から交通事故被害者を救済したい、

これが、あなたへ伝えたい思いです!

ぜひとも、あなたには、正しい知識を身につけ、
そして正当な示談金を勝ち取ってほしいのです。

後は、あなたが行動する番です!
必ず、正当な示談金を勝ち取りましょう!

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」


これまでの経験で、正確な人数は把握してませんが、マーケティング部門の責任者として、のべ100人以上の方の面接を担当しています。

そして、転職者としては、履歴書をざっと700枚以上、面接は200回以上は受けています。
そう思い、必死に転職活動を始めました。

若い頃でしたら真面目に転職活動をしなくても、ヘッドハンティングなどもあり、そんなに苦労をする事もなかったのですが、もう私も、その当時40歳でした。

さすがに、40過ぎて何も考えずに転職活動をしている人間を採用する会社はありません。

その後、会社には在籍しながらも色んな転職本を読み、100冊以上は買いました。

結局、1年近く、転職活動を続けましたが、1社も採用されませんでした。

「俺の人生も今の会社で終わりか!」

「まさに、目からうろこでした。」

今まで、1年近く、転職活動をしていましたが、まったくこの事に気付きませんでした。

この本のタイトル通り、人間はかなりの部分で見た目に影響を受けます。

転職の場合、最初の履歴書、職務経歴書の印象が悪いと書類選考で落とされます。

「実は、正直には書いてません。」

だから、私は履歴書、職務経歴書の中にも自分に不利になる事は極力書きません。

おおむね3ヶ月以内の試用期間中に辞めてます。

ですので、それを全部、履歴書に書くと1枚には書ききれないので、省くようにしてます。

それから、また、転職活動をするはめになったのですが、もう以前のような転職に対する不安はなくなりました。

逆に、どのように行動すれば採用されるかが分かるので、少しでも会社に対して不満があると我慢せずに辞める事ができるようになりました。

逆に、ストレスがなくなり、転職活動を楽しんでいます。

それからは、私の天職である広報、マーケティングの仕事しかしないと決めています。

空いた時間にバイトでもしようかと建設現場で日雇いの掃除屋さんを転職活動の合間にしていました。

そんな時に若いフリーターの連中で私の噂を聞きつけた者がいて、「早く、この生活から抜け出したいんです。

と言われ、ふと考えました。

私は40歳の頃、1年間、転職活動をして、1社も受からなかった時の事を思い出しました。

ズバリ、転職する時期はいつがベストか?

転職需要がマックスの時期を知らずして転職活動をするのは、暗闇の山道を無灯火で車を運転するのと同じです。

100年後も変わらない、転職活動を始める前に必ずやるべき事とは?

これをやらずして転職活動を始めると必ずうまくいきまん。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。